アートキュレーションサイト【ART FLOW】

【展覧会情報】「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」

  • 2020年7月1日
  • 2020年7月12日
  • 展覧会
  • 253view

世界屈指の美の殿堂ロンドン・ナショナル・ギャラリー、その所蔵作品が日本にやってきます。イギリス以外での大規模な所蔵品展は世界初。もちろん全ての作品が本邦初公開となります。

展示されるのは、ルネサンスから19世紀ポスト印象派までの名品、全61作品。

フェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》、レンブラント《34歳の自画像》、ゴッホ《ひまわり》など、同館所蔵の世界的傑作が見られるとあって開催前から大きな話題となっています。

ロンドン中心部、トラファルガー広場に面して建つ世界屈指の美の殿堂、ロンドン・ナショナル・ギャラリー。多くのヨーロッパの美術館とは違い王室の収集を母体とせず、1824年に国家制定法によって、市民の力で市民のために設立されました。

その最大の特徴は、幅広く質の高い「西洋絵画の教科書」とも言われるコレクションです。同館は英国を含む幅広い地域と時代のヨーロッパ絵画を網羅し、13世紀後半から20世紀初頭までの約2,300点の作品を所蔵し、年間の来場者数は世界の美術館・博物館でもトップ10に入る約600万人超を誇ります。

しかし同館はまとまった数の作品を貸し出すことに慎重で、これまでイギリス国外で所蔵作品展が開催されたことは一度もありませんでした。

今回、選りすぐりの傑作約60点を一挙に公開する本展は、史上初めての機会で、歴史的な展覧会といえます。(公式HPのまとめ)

開催概要(東京展)

会期 2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
会場 国立西洋美術館(東京・上野公園)
時間 午前9時30分~午後5時30分 (金曜日、土曜日は午後9時まで)
休館日 月曜日、9月23日※ただし、7月13日、7月27日、8月10日、9月21日は開館
主催 国立西洋美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、読売新聞社、日本テレビ放送網
公式HP 詳しくはこちら

最新情報をチェックしよう!
PR
>【ART FLOW】アートキュレーションサイト

【ART FLOW】アートキュレーションサイト

展覧会情報や美術コラムの執筆、美術解説動画の配信など「アートをもっと身近に」をモットーに発信を続けています。内覧会、プレスリリースの送付はお問い合わせフォームからご連絡ください。また、美術記事の執筆、出版、講演、美術解説講座などお仕事のご依頼もお問合せフォームからお願いいたします。

CTR IMG